くるみとあんずの散歩道

<   2008年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ボンの思い出Part3

ボンは私が高校生のころやって来て、

ペットと飼い主以上の心の絆を感じ合い(?)ながら、月日が流れていきました。

2年後には、やはり捨て子のウエスティーのアー坊、

更に3年後、何の種類か解らないぐらい色々混ざっていたが美人の花ちゃん(同じく捨て子)

と2人の後輩がやって来たあとも、堂々と男気のある兄貴でした。



「ウチを丸ごと犬小屋にする気かい!」 と、犬嫌いの母、

「へっ? どこに犬がいるの? 人間だよ、人間!」  堂々ととぼける、その娘。

ワンコたちも“口うるさいオババがいるが、苛めはしない”ことが解っていて、

母が何をわめこうが、怖がる様子はありませんでした。

愛嬌のある器量良しの花ちゃんは、ボンのお気に入り。

社交的で楽天家のアー坊は、ボンとは正反対の性格で相性はイマイチ。

みんなで行く散歩の、賑やかで楽しいこと。

犬付き合いの苦手なボンも、次第にお友達が出来て来ました。

そんな幸せな毎日にも、大なり小なり苦労はありました。

頑強な身体を誇っていた父が病に倒れ、入退院を繰り返し、

同居の祖母は寝たきりになり、半年後には他界。

自宅介護を臨んだ大柄な祖母の世話は、自分が倒れるかと思うほどでした。

そして、私自身が嫁ぎ、

嫁いだ直後に夫がストレス性胃潰瘍で胃を全摘出。

家族も自分も健康なときには考えもしないことですが、

こうして立て続けに病人の世話に追われると、ワンコへの目が行き届かなくなります。



結婚後の私は、実家の1軒おいて隣に暮らしてました。

ボンは夫に懐かなかったので、アー坊と花を引き取り

今まで通り実家で暮らすボンを、私が赴き毎日散歩や餌の世話をしていました。

そうして3年が経ったある日、ボンの口の中に腫瘍が見つかったのです。

当時は今ほど動物医療が進んでいなかったためか、

充分な治療を受けさせてはやれなかったことが、悔やまれてなりません。

思い出すたび身を切られる思いがしています。

毎日私が水薬を作って、口の中を消毒してあげるのですが、

従順なボンは素直に口を開けて、私に従ってくれました。



その後、私は待ち望んでいた子を授かり、喜びを感じていた矢先のこと、

突然ボンが消えてしまったのです。

勝手口を出て、裏木戸を自分で開け、どこかに行ってしまったのです。

ボンの行きそうな所を一晩中探し回り、

警察にも届け、保健所にも足を運び(可愛そうな犬がたくさんいて見るも無残でした)、

迷い犬を探している記事を、新聞・チラシに載せ、ポスターを張り、

八方手を尽くしたのですが、見つかりませんでした。

忽然とボンは消えてしまったのです。


「自分の病を感じ取っていて、死に場所を求めて行ったのでしょう」 と言う人もいました。

「とっくに死んでいたはずの犬を救って、あそこまで幸せにしてやったんだから…」

「きっと、感謝しているよ」

何を言われても、ショックと深い悲しみで、私は気も狂わんばかりでした。

病気の家族の世話ばかり気にかけ、手元にはアー坊と花を置き、

その上、子供を授かったと浮かれる私に嫌気がさして、ボンは出て行ったに違いない…と。

ひと月探しても何の情報もなく、叔母と私は両国・回向院でお経をあげて頂きました。

生きているのなら、飼い主の元に帰りなさい、

死んでいるのなら極楽浄土へ行けるように…というお経でした。


月日が経ち、遠縁の叔父の通夜の席で、その一人息子と私が話したときのこと。

「お父さん、急に逝っちゃったんだよ。何で、僕に甘えてくれなかったんだ。

もっと、手をかけて上げたかったのに! 水臭いよね!!」

私は心に浮かんだことを正直に話しました。

「おじさん、子供を悲しませたくなかったのよ。

手をかけて、毎日、辛い思いをさせたくなかったのよ。」

言い終えて私はハッとしました。

ボンは稀に見る優しい子でした。

私との絆は絶対的なものでした。

ボンは私に苦労をさせまいと、自ら死出の旅に行ったのではないか、と。

そう思ったところで、最期まで愛情を注ぎ、看取ってやれなかった悲しみは癒えません。

今でも思い出すたび、胸の痛みと共に、涙ながらに詫びを言っている私です。


『くるみとあんずの散歩道』を通して、お友達になって下さったみなさん、

愛犬を亡くした悲しみに今も、胸を痛めておいでの方もいらっしゃることでしょう。

きっと、この痛みは消えないのでしょうが、

今を明るく元気に生きる私達の姿が、旅立った子たちを安心させるに違いありません。

そしていつか私達も、先に旅立って行った子たちと手を携える日が来るのでしょう。

私のブログ仲間(先輩)『オレちゃま、じぃ!』のブログから、ご紹介します。

私もいつかこの、『虹の橋』を愛する子たちと渡って行くのです。





   虹の橋


 天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。

 この地上にいる誰かと愛しあっていた動物たちは、
 死ぬと『虹の橋』へ行くのです。
 そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
 たっぷりの食べ物と水、そして日の光に恵まれ、
 彼らは暖かく快適に過ごしているのです。


病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。まるで過ぎた日の夢のように。

みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさを感じているのです。

動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに小刻みに震えはじめます。

突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。あなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。
幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する動物を優しく愛撫します。

そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日たりとも消えたことのなかったその瞳を。

 それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです。

和訳:YORISUN






虹の橋のたもと
  
  天国とこの世を結ぶ橋がある。

その橋は、様々な色合いから『虹の橋』と呼ばれている。
『虹の橋』の一歩手前には草地や丘、青々とした緑あふれる谷がある。
大切な動物達は、死ぬとその場所へ行くのです。
そこにはいつも食べ物と水があり、気候はいつも暖かいまるで春のようです。

歳をとって、からだが弱っていた者でも、ここへ来て若さを取り戻し、
からだが不自由になっていた者は、元どおりの健康な姿になる。
そして一日中いっしょになって遊んだりしている。
だが、橋のそばにはみんなと様子が異なるものもいるのです。

疲れ果て、飢え、苦しみ、誰にも愛されなかった動物たちです。
他の動物たちが一匹また一匹と、
それぞれの特別なだれかといっしょに橋を渡っていくのを
とても悲しげに眺めているのです。

彼らには特別なだれかなどいない。
生きている間、そんな人間は誰一人現れなかった。
しかし、ある日、動物たちが走ったり遊んだりしていると、
橋への道のかたわらに誰かが立っているのに気づくのです
彼はそこに繰り広げられている友の再会をものほしそうに眺めている。

生きている間、彼は動物と暮らしたことがなかった。
彼は疲れ果て、飢え、苦しみ、だれにも愛されなかったのです。
そんな彼がポツンと立っていると 、愛されたことがない動物が
どうして一人ぼっちなのだろうとそっと近づいてくのです。

すると、なんと不思議な事が・・・・・・・・・。
愛されたことがない動物と愛されたことがない人間が
互いに近づくにつれ、奇跡が起こるのです。
なぜなら、彼らは一緒になるべくして生まれたからだ。
この世では決してめぐりあえなかった特別なだれかと大切な動物として。
今、やっと『虹の橋』のたもとで彼らの魂は出会い、
痛みや悲しみは消え、友はいっしょになるのです。

 そして、いっしょに『虹の橋』をわたり、もう二度と別れる事は無いのです。
[PR]
by kuruann-mama | 2008-08-31 16:34

ボンの思い出 Part2

昨日の続きです。



ボンを実家で飼うにあたり、犬嫌いな母との間で幾つかの約束事が交わされました。

誰にも迷惑をかけない、散歩、餌やり、清潔、家には上げない、

そして、決して弱音を吐かない!

「はい! 誓います!!」  わ~い!これでボンはウチの子だ!

今まで数多くの捨て犬を拾っては、犬嫌いの母に負けて、親戚宅などに押しつけてきた私も

今日からは自分で大好きなワンコの世話が出来る!

とはいえ若かった私は早朝起きられず、

現在同居している犬好きの叔母が朝5時の散歩係を引き受けてくれました。

昼過ぎにはたっぷり時間をかけて、充分な散歩し

夜は30分程度のショートコースで寝る前に用をたす…。

栄養と運動が功をなし、ボンはピカピカの若者に!!

問題は叔母と私以外には懐こうとせず、よそのワンコにもケンカ腰。

感じの良いワンコではありませんが、叔母と私には最高の“味のある子”だったのです。

驚くほど賢く、言葉を理解できる能力があり

顔の表情も豊かで、会話が成り立つ気がしたものです。



犬を家に入れてはならない、という母の命令で

お勝手口を出た裏木戸との間に犬小屋を置きました。 そこもお気に入りのボンでしたが、

元来は寂しがりの性格なので、部屋に上がりたがるようになってきました。

器用にお勝手口の引き戸を開け、ボンが台所を覗いただけで犬嫌いの母は悲鳴を上げ…。

でも、総領の跡取り娘で横のものを縦にもせず滅多に台所に来ることもなかった母のお陰で、

少しずつ自分の領域を広げていったボンなのでした。

最初はお勝手口を入って土間にお座りをしては、叔母や私を見上げていたり、

そのうち、あがりかまちに手をかけ、一瞬上がり、台所の隅にかしこまったり…。

ついでに私はその片隅に、段ボールの空き箱の中に座布団とタオルを敷いた

ボンの寝場所を設置。

こうなると滅多に台所に来ない母より、ボンの方に居住権が…。

徐々に行動範囲が広がり、その先の廊下も行き来し座敷を覗くようになって、

母がヒステリーを起こすころには、もう充分我が家の市民権を得ていました。


調子に乗った私は、その後、ウエスティー♂、雑種の赤ちゃん♀と捨て犬を連れて来て、

そのたび母と衝突しましたが、どこ吹く風。

婿にきた父は母への遠慮もあって、犬を可愛がることはありませんでしたが、

あの慣れないボンが父の布団に入って寝ていたところからすると、

無口だが優しい人柄が、犬にも伝わっていたのかと思います。


今日はここまで。

別れの場面がくると、私の涙もろさが抑え切れなくなってしまうのが怖く

進めないのです。

さて、“オレちゃま、じぃ!”のじぃのとーちゃんからご紹介された

『いぬばか』
c0138198_17381915.jpg

ヤングジャンプに毎週連載されている漫画が、3か月に1回、本になっています。

主役の女の子が働いているペットショップの店長が、子供のころ処分される犬を見て

全ての犬が幸せに暮らせる世の中にしたい、って思いが溢れています。

多くの人々にこの願いが広まってくれることを願って、ご紹介させて頂きます。
[PR]
by kuruann-mama | 2008-08-30 17:56

ボンの思い出

ここのところ雨続きで、散歩の写真が撮れずにいます。

そこで今日は私の思い出のワンコの話を聞いて下さい。

今でこそシュナウザーのクルアンと、ポメのコタと暮らしていますが、

元々は捨てられたワンコを救う、というのが私の犬との関わり方。

彼らの殆どが雑種でした。

最初の柴犬風ワンコ、のちにボンと命名…を初めて見たときの姿は、

虐待され、首にゴムが食い込み化膿、

更に喉に穴が開けられていて声は出ず、全身はげっそりやせ細り…。

人間不信、極度の臆病、誰にも近づかず、近づけず、刻々と死の訪れを待つばかり。。。

といった悲惨な状態でした。

身も心も傷つくあまり、ひっそりと人目を避け、固い殻に閉じこもっていたボン。

それがなんと、私にだけは心を開いてくれたのです。

自宅近くの倉庫の奥深くに、潜りこんで息を潜めていた彼は、餌を運ぶ私に気付くと

尻尾を振りながらヨタヨタと出てきます。

嬉しさと不安の入り混じったその目は、今でも忘れられません。

朝夕、餌を運ぶうち、徐々に慣れ親しむようになったボンは、

立ち去ろうとする私の足に両手を絡め、「帰らないで…」という仕草をするまでになりました。

そのうちに倉庫の持ち主から苦情が出ました。

ボンの化膿している部分の異臭が耐えられない状態になってきたのです。

今から38年も前のこと、動物病院も犬のグッズも少なく、首輪の出来ないボンの胴輪もなく、

和服を着る際の腰ひもを胴体に結び、

悪臭のため車内には乗せられず、近くの運送屋さんのトラックの荷台に乗せてもらい、

良心的なお医者さんまで通いました。(綺麗な病院では断られたのです)

それは苦心惨憺な行いでした。

恐怖心の強いボンは、走るトラックの荷台から飛び降りようとするのです。

腰ひもで結んではあっても、首輪や胴輪にリードのような、しっかり抑えられる状態ではなく、

強い悪臭で涙が出るほどのボンを抱きしめて、真冬の荷台の上で揺られたものです。

ボンの首に食い込んでいたゴムは、いとも簡単にお医者さんが取ってくださいました。

ドロドロに化膿していて、診察室に臭いが充満し、オェ!っとなったことを覚えています。

喉の穴はかなり古く開けられた模様で、その穴で呼吸をする癖が付いているため、

しばらく様子をみよう、ということになりました。

人間不信のボンの、気持ちを考慮してくださったのかと思います。

それからがまた、新たな問題点が。。。

もう、他人の倉庫で飼ってはいられなくなり、家に引き取らなくてはならないのですが

私の実母は、稀に見る犬嫌い!

大嫌いな犬、心を閉ざした可愛げのない犬。

それを娘が知らぬ間に餌をやり、トラックで医者に通い、

挙句に家で飼いたい、と言いだしたために勃発した激しいバトル!

説得するのにあの手この手。最後は喉頭ガンの手術を受けて喉に穴を開けた

亡き祖父の思い出を引き出し、「お爺ちゃんの生まれ代わりよ!」等々。

このとき、共に手を携えて戦ってくれたのが、現在同居している叔母。

二人で勝ち取った“ボンとの同居”。

ボロボロの毛並み、痩せ細った貧相なワンコを“ボンボン”にしてあげようと

“ボン”と命名。

喜びも幸せも、たくさんの思い出を残してくれました。







今日はこの辺にしておきます。

お読みくださった方々、ありがとうございます。

明日もボンとの思い出を聞いていただけますと嬉しいです。
[PR]
by kuruann-mama | 2008-08-29 16:34

プゥーちゃんでつよ・・・

最近、雨の降ることが多く、

雨上がりを狙って散歩をしています。

お友達に会えるかな?
c0138198_2036231.jpg

ん?  見慣れない子、発見!★
c0138198_2039166.jpg

ちょっと、待ってくだしゃーい!  っと、駆け寄り、
c0138198_20402227.jpg

アタチ達、クルアンと申ちまつ・・・

「あ、ヨロピクー★」

スタンダード・プードルの『プゥーちゃん』♂
c0138198_20431736.jpg

軽やかな動きの、穏やかな男の子。

クルアンのお友達になってね。



最近は、陽が落ちるのが早くなりました。

涼しくなってほしいけど、陽は長いままであってほしい。

ワガママですね、えへへ(^_^;)
[PR]
by kuruann-mama | 2008-08-28 20:50 | 散歩コース・江東区

八幡さまにて

あの壮大な深川八幡祭りも終わり

静けさが戻った八幡様。
c0138198_15233754.jpg

祭りの翌日は、あちこちゴミが散乱し、

お神輿のやぐらや、担ぎ手の休憩所の取り壊しで、

ツワモノどもの夢のあと…といった状態も、今では元通り、静まり返っています。
c0138198_15273276.jpg

              ハトさんも、行っちゃいました。。。


この坂道を下ると横綱の碑があるのですが、
c0138198_15301167.jpg

上を通っているのは通路。
c0138198_1533748.jpg

右の結婚式場と、左の八幡様の境内とを繋いでいます。

子供の頃のクルアンママは、この通路を渡る花嫁さんを下から見上げた時など、何故だか

じ~~ん。。。と感動したものです。

小雨が降って来ました。
c0138198_15393789.jpg

ここのところ、すっきりしないお天気が続きますが

クラクラするような暑さからは解放されています。

でも、また週末には残暑がぶり返すそうです。

辛いけど、あと一息です。 元気に乗り越えましょう。

セミの声も小さくなってきました。

秋がそこまで やって来ています。
[PR]
by kuruann-mama | 2008-08-26 15:51 | 散歩コース・江東区

カルガモおっかさんの表情

ここのところ雨模様の日々が続き、

うっとうしい反面、涼しい気温の今日この頃です。

c0138198_15205572.jpg

いつもの公園で、かわいいシュナちゃん発見!

小さいけど1歳半になるのだそう。。。

ちょっとラッテさん似かな?
c0138198_1527264.jpg

       アタチ達、見た目も態度もデカイでつ。


さて、今日のカルガモ報告は…
c0138198_15323110.jpg

こうしてカラス除けのネットの下に、カルガモ親子の避難場所があり

餌をまくと、皆次々と水の中に…。
c0138198_15363055.jpg

例の牡蠣に足を挟まれたコモちゃんは、余程ドジ子ちゃんと見え、

餌を求めて水に飛び込む際、足を緑色のネットに引っかけ…バタバタ…グェグェ…ドタバタ…

そんな物音にギョッとして振り向いたカルガモおっかさんの顔!

「ヤッベェー★」って表情で大慌て。

コモに駆け寄り(?)、「まったくもう!グェグェグェグェ!!」  クチバシであっちゃらこっちゃら…

程なく、事なきを得、ホッ…とした表情のおっかさん。。。
c0138198_15561011.jpg

ママに心配かけちゃダメだよー、コモちゃん!
早く大きくなって、カラスに狙われないようになってねー。
[PR]
by kuruann-mama | 2008-08-25 16:01 | ブログ友達

秋の足音

ここのところ朝夕、涼しくなってまいりました。

早朝5時は、Tシャツ1枚では肌寒く感じるほどです。

あの猛烈な暑さから、ひと雨ごとの変化。

秋の足音がひたひたと近付いてくるようです。
c0138198_114511100.jpg

涼しいね?  トコトコ。。。

あ、ママァ、早くおいで。
c0138198_11463959.jpg

可愛い女の子、発見したよ。
c0138198_1148181.jpg

ヨロピクねー★
c0138198_11485482.jpg

はっ★
c0138198_1151158.jpg

マロちゃんだぁー!
c0138198_1156445.jpg

好きでちゅ!◎☆ 黙りこくるマロちゃん。
c0138198_1158916.jpg

つ…付き合ってくだしゃい★       だがその直後…!!



んん?!★
c0138198_1214995.jpg

ちょっと、ちょっと、ちょっとぉー(`´)
c0138198_123613.jpg

ムカッときた!
c0138198_124039.jpg



  ワンちゃん界でも、若い子がウケルのかもよ、クルちゃん…


あたち、へこみません。 女を磨くわー★
c0138198_1281251.jpg



頑張ってねー
c0138198_1291671.jpg

[PR]
by kuruann-mama | 2008-08-24 12:14 | 散歩コース・江東区

もうすぐ2年生

『くるみとあんずの散歩道』を始めたのは、昨年9月11日。

もうすぐ1年が経ちます。

ブログって、何?  っていう状態で始まり、

えっ? 写真2枚載せられるの? って解るのにひと月も掛かり、

コ…コメント? お返事は? 

日記なら何を書いてもいいんでしょ?

何も解らないクルアンママを、今日まで辛抱強く支えて下さった皆さま、

本当にありがとうございます。<(_ _)>

これからも、よろしくね♪


さて…写真なのですが、下手ながらも気に入っている1枚があります。

ブログを始めたばかりのころに、夢の島公園で撮った
c0138198_21522974.jpg

この写真を越えるものを…と思いつつこの1年、未だに気に入った写真が撮れません。

そこで、おなじ公園に行き、多少位置が違いますが
c0138198_21565838.jpg

c0138198_21575182.jpg

なんか違うんだなぁ。。。
c0138198_220264.jpg

これじゃ、ダサいよねー?

今後も楽しみながら写真を撮り、クルアンとの思い出作りをしていきます。

色々な面で至らない私ですが、末長くお付き合いのほどを。。。(*^_^*)
[PR]
by kuruann-mama | 2008-08-22 22:05 | 散歩コース・江東区

心の栄養

いつも大学の講義の後は、そそくさと帰路に着くクルアンママですが、

昨日はのんびりした道草を食うことが出来ました。

クルアンパパのお仕事がお休みだったので、家のことは任せ(;一_一)

先生をお誘いして女学生(?)3人とで、喫茶店に寄り道。

歯に衣着せぬ、先生のお叱りを含めた励ましを受け、大いに触発されました。

先生は、クルアンママより少し年上の女性。

戦死されたお父様との思い出もなく、

学生時代は、大学紛争やら、卒業後の就職難やら他にも多くのご苦労に鍛えられ、

ご自身の手で、活躍の場を力強く切り開かれた人生観から、

我々学生の甘ったれた愚痴など、威勢良く弾き飛ばして下さいます。

知性と根性と、真っ直ぐなご性格とで、ズバズバ世の中の問題点や生徒の欠点を指摘!

でも、基本的には褒めて伸ばす、方針でいらっしゃるので、

叱ったあとのフォローはさすが…。

泣いた生徒(ママじゃないよ)も、最後は笑い、先生の教えに着いて行こう、と決意を新たに…。

先生も立派で素敵な方ですが、

恥をかきながらも、そのズケズケした口調の教えを尊ぶ私たちも

素直な昔の娘たちです。(^_^;)笑)))

きっと、お姉さんがいたら、こんなふうに叱って下さるんだなぁ…と思うクルアンママなのです。





c0138198_14582354.jpg

朝顔も、そろそろ見納めですね。

c0138198_1571372.jpg

来月は敬老の日、お彼岸などのイベントがあります。

改めて自分のことを含めて、年を重ねていく、重みを感じます。
c0138198_15171887.jpg

個々を尊重し合い、若い者は年長者を敬い、

年長者は世の中の規範を示せること…が理想ではありますが

そんな立派でなくとも、

若い者へのささやかな愛情を垣間見るだけで、

心の栄養を与えてもらった気持ちになる私です。
[PR]
by kuruann-mama | 2008-08-21 15:25

カルガモ・チェック&トリミング

今日もカルガモ・チェックから。

ご覧の通り、このカルガモ家族… ひと際大きいのは、もちろんカルガモ・ママ。

7羽いる子供達のなかで、ただ1羽小さい子が、先日牡蠣に足を挟まれていた子。コモと命名。
c0138198_215304.jpg

写真では判別できませんが、直接見ると一目でわかります。

牡蠣事件発生の時、なんと母ガモは他の子供を,カラス除けのネット下に避難させ、

牡蠣に挟まれもがき苦しむコモの周りを、心配そうに回っていたそうです。

CHA-ネエがコモを救い上げると、誘拐事件発生とばかりにギャ~ギャ~騒いだ母ガモも、

今ではクルアンコタ一家を見ると、親しげに(?)近づいてきます。

そしてあの日以来、母ガモはいつもコモにに寄り添い、片時も離さず守り続けています。




あたちたち、トリミングしてきまちた。
c0138198_21222658.jpg

どうでちゅか?
c0138198_21241414.jpg

ツッキリコン・カットでつ。


はっ★  向こう岸にいるのは…
c0138198_21272120.jpg

ピンシャーのプ~君と、キャバリアのサクラちゃん!
c0138198_21292187.jpg


お~~い★  元気か~い? (後ろだよ、後ろ!)(^_^;)
c0138198_21305376.jpg

ヤッホー! 元気だよ~、
c0138198_2132215.jpg



エヘ…
c0138198_21333099.jpg


ウフ…
c0138198_21341185.jpg

[PR]
by kuruann-mama | 2008-08-20 21:39 | ブログ友達