くるみとあんずの散歩道

カテゴリ:バレンタイン( 3 )

やっと届いたバレンタインプレゼント

今日もパパママと一緒にお買いもの~♪
c0138198_1873898.jpg

クルはいつもパパに注目していまつ。
c0138198_18133452.jpg


この小っちゃい 『くるあんこた号』…とってもいい子でちた。
c0138198_18143777.jpg


一度も故障もなく、荒っぽいパパの運転にもめげず、お利口ちゃんでちた。

でも…今日でお別れでつ。 ぐずっ。。。(>_<)

実は先月のバレンタインの時、パパからリクエストがあってぇ。。。(@_@;)

ママが清水の舞台から飛び降りたつもりになって、

「持ってけ! ドロボー!」 っとプレゼントしたのが、この
c0138198_18101489.jpg


ニュー・くるあんこた号でつ。

この子も小っちゃい子でつが、パパのお気に入り。
c0138198_18183747.jpg


色はママが選びまちた。うふっ。。。

皆しゃん、よろぴくお願いちまつ。
[PR]
by kuruann-mama | 2010-03-10 18:22 | バレンタイン

バレンタインディ♪ うまうま編

今日はバレンタインディ。。。

チョコレートが好きではない、クルアンパパ。。。

好きな食べ物は、お蕎麦…ということで
c0138198_2048347.jpg


お蕎麦屋さんへ。。。
c0138198_20493187.jpg

最近、福井の『黒龍』に巡り合いました。
c0138198_20514638.jpg

お蕎麦に合いますよん♪
c0138198_20531455.jpg



毎年、感謝の気持ちをお届けしているバレンタインディ。。。

若い方には、生チョコレート、チョコレート・ケーキなど、残らないもの。

同年齢のボーイフレンド(?)には、前以てじっくり下調べ(*^_^*)

奥様方の協力のもと、最近の情報を集めます。

数年前までは通勤時に役立つ物、例えば手袋(外側が革、内側がニット)、手のサイズを探るのに一苦労。

最近はお仕事から身を引かれ、同時に大学の公開講座で好きな勉強をしている友人が多いので

文具用品を差し上げています。

一昨年は名前入り万年筆とボールペン。

去年は革製のメガネ入れ。(皆さん老眼なので)(~_~;)

今年は、昨年のメガネケースと同じ革で出来たペンケースにしました。

去年までは、クルアンパパへのプレゼントも同じものでしたが、

「ペンケースは持っている」そうで、別のものをリクエストされました。

今月の末に届きます。(*^_^*) 届いたら、アップしますね。

それまで、プレゼントの代わりに、全身マッサージを始めたら、

「あー!パパがママにイジメられてるー!」(゜o゜)とクルアンがギャンギャン!

ママの手をかじったり、パパの顔を舐め舐めしたり、大騒ぎ。。。




c0138198_2122541.jpg



c0138198_21212659.jpg



フライはお魚やホタテもたくさん用意したのに、誰かさんが揚げたてをパクパク食べちゃって写真がない!

叔母のだけ、かろうじて写真が撮れました。 ま、大した食卓じゃないけどね。。。
c0138198_2128436.jpg



c0138198_21284372.jpg

[PR]
by kuruann-mama | 2010-02-14 21:33 | バレンタイン

バレンタイン

バレンタインらしい写真が1枚もないのですが、

昨日、今日とどのように過ごしたかと申しますと、

まず、遠くにお住まいの方へはバレンタインの感謝の品をお送りして、

お近くの方には配りました。

年齢的に中高年の方は、老眼鏡をお使いですので

革製の眼鏡ケースを差し上げました。

若い方の感性は理解できないクルアンママなので、平凡ですがゴディ〇のチョコレート。


ご近所にチョコレートを配っていて、改めて気づきました。

深川には寺町があるということを。
c0138198_202071.jpg

ここは霊岸寺。大きなお寺です。

火事で焼け出され、この深川に来る前は、永代橋と茅場町の間に有ったようです。

江戸後期の老中、寛政の改革を主導した松平定信の墓があります。
c0138198_2010560.jpg

白河藩主だった定信の屋敷もあったので、このあたりは白河町と言われています。

この辺りのお寺巡りをしていましたら…
c0138198_20143243.jpg

浄心寺は時代小説にも、たびたび登場します。
c0138198_20165237.jpg

とても古くからある大きなお寺です。

数え切れないほど沢山お寺があるのですが、
c0138198_20263868.jpg

同居の叔母は、子供のころ、この えんま堂の前を歩けなかったそうです。

嘘をつくとおエンマ様に舌を抜かれるという迷信を信じていて、泣きながら

「嘘ついちゃったんだよ~」と言って道路にしゃがみ込んだそうです。

今も精神年齢はあまり変わっていない叔母です。




南総里見八犬伝の作者、滝沢馬琴(曲亭馬琴)は、この地で生まれました。
c0138198_20334429.jpg


またこの近くから松尾芭蕉が、奥の細道に旅立って行きました。
c0138198_20443777.jpg


バレンタインとは関係ない内容になりましたが

歩いていると、歴史を感じるいい町です。

c0138198_20525927.jpg

[PR]
by kuruann-mama | 2009-02-14 21:01 | バレンタイン