くるみとあんずの散歩道

カテゴリ:未分類( 57 )

引っ越しました。

『くるみとあんずの散歩道』は

下記の住所に引っ越しました。

http://kuruan.blog.fc2.com/

これからも皆さまのご声援、よろしくお願い申し上げます。
[PR]
by kuruann-mama | 2011-07-04 21:54

忙しいだけで、ど~ってことない1日

c0138198_15533044.jpg

くるあんママの毎日は、いつもバタバタしているのですが。。。この日も
c0138198_15593460.jpg

早朝、くるあんとお散歩して、その後、オバちゃんをディサービスへ送り出し、

慌ただしく大学へ行って…

ガラス玉制作。。。
c0138198_161227.jpg


残念ながらパパの作品が1点、真っ二つに。。。これも貴重な勉強材料。。。
c0138198_1621612.jpg


普段見られない断面をじっくり研究。。。
c0138198_1631088.jpg


その後、お中元を選びにデパートへ。。。

ついでに、あれこれ買い物をして、バタバタしながら家路を急ぐ途中、

日本橋のメインストリートにある、いつも気になっている超小さなお店が目に。。。(^^♪

c0138198_1673652.jpg

お隣のビルと独立しているのかな? 中はどうなっているのかな? ちょっと気になる(^_^;)

ここ数年、やたら巨大な高層ビルに建て直されている日本橋で。。。この

コンパクトでありながら、存在感をかもす店構え。。。ちょっと気になる(#^.^#)

c0138198_16114696.jpg

帰宅後 慌ただしく夕飯の支度をしていると、オバちゃん帰宅。。。

オバちゃん食事中を狙い、パパ・ママとくるあんのお散歩!

c0138198_161494.jpg


忙しくても充実しています~~~♪ (ピンボケですがコタ↓もお散歩参加してます)

c0138198_1616292.jpg

[PR]
by kuruann-mama | 2011-06-24 16:19

一難去ってまた一難

大地震が来て、 大津波が来て、 原子力発電所の事故が発生した。。。


地震で家屋が倒壊し、津波で漁業始め地元の事業が壊滅的打撃を受け、

死者行方不明者は2万8千人以上になった。

生き残った人々も家族や家・仕事を失ったショックに加え、食糧や医療の不足、寒さとの戦い、

繰り返される余震の不安などなど。。。皆、精一杯耐えている。


そのうえ原発事故!!

原子炉や使用済み核燃料の貯蔵プールの燃料を冷やす為、命がけで作業をしてくれた

消防や自衛隊の特殊部隊の人々の勇気ある行動!

そのお陰で安全な状態へ1歩踏み出したかのように見えた途端、

放射能問題が加わった。

東京の浄水場の水道水から、放射能ヨウ素が検出されたのだ。

それは乳児の飲み水としての国の基準の2倍を超えている。

乳児以外は、怖がり騒ぎたてるほどの数値ではないと言うが、

東京の街から市販の飲料水が消えた。

水。。。それは飲む時、洗う時、茹でる時、お風呂、手を洗う時など幅広く暮らしの中で使われる。

総合的に使ううち今後それらが蓄積されるのでは?という不安。。。

せめて飲み水は安心して口にしたい気持ちは解る。



それまで大行列していたガソリンスタンドの給油が、やや正常化し、

品薄状態だったスーパーに物資が並び始め、ホッとした矢先でのこと。

節電への協力、交通の運休や、帰宅困難・物不足に耐え、でも生きる為に働かなくてはならない現実。

被災地の苦労に比べれば幸せだが、東京も苦難の道を歩んでいる。

震災以来。。。皆、ガマンガマンの10日間だったのに。。。

もうそろそろ、明るい方向へ向かっていけるのでは、と思っていたのに。。。


今回の放射能検出後、

福島を中心に茨城の農家でも、野菜(特に葉物)の摂取制限が出た。

摂取制限が出た、ということは、

生産された(放射能物質が付いた可能性のある)野菜を売ってはならない、ということになる。

被爆した農家は、今後も厳しい条件下に置かれたことになる。

コンビニでは、福島の野菜を使った肉まんでさえ撤収している。

放射能は、洗っても濾過しても、熱を通しても、残留するのだそうだ。

「たとえ食べたとしても健康への影響はない!」 と国からの発表はあったが、それでも

葉物野菜は食べないように。。。とひと言付く。

放射能のリスクは30キロ圏内とも言われている。 不安が募る。いや、それ以上に

大打撃を受けている農家が気の毒でならない。

何も悪い事をしていないのに、一難去ってまた一難。。。

今は発電所の安全性を確保することに全力を挙げているであろう、電力会社。

被災に伴い、その被害を受け暮らしを脅かされた人々のことも、これから先、全力で守ってほしい、

国と共に。

そして私達みんなで、これから先、支え合っていこう。一時的な同情でなく、

みんなで生きて行こう。
c0138198_10255969.jpg

c0138198_10264054.jpg

c0138198_1028128.jpg



皆さんにご心配いただきました、(くるあん家が可愛がって頂いている)宮城のお兄さん一家、

何とか電話が通じるようになり、無事が確認されました。

奇跡的に家の倒壊も無く、津波の難も逃れたそうですが、家を出て海に向かってすぐのところは

倒壊し津波に押し流された家屋の残骸と、遺体が散乱していて

見るも無残な光景だったそうです。

改めて、ご冥福をお祈りするとともに、被災地での皆さんへお見舞い申し上げます。
[PR]
by kuruann-mama | 2011-03-24 10:46

ひとこと 言いたい!

テレビ画面を連日独占している福島原発事故ニュース!を見ながら
原発は「安全」「安全」とお題目のように唱えていた方々、
想定外などと言わず、ぜひ、避難している方々に向かって、
「あれは嘘でした。申し訳ありません」
と謝罪すると同時に、私財をなげうって生活支援するべきではありませんか。
素人の私ですら地震大国日本で、想定した津波の高さは低すぎる。
倍の高さでも「安心・安全は保障できない」と思いますよ。

東日本大震災の被災者の姿を、映像を通して見ながらやるせない感情が込み上げます。
自然災害が起こるたび、毎度繰り返される被災者の惨憺たる避難場所での生活。。。
このような災害は必ず起こると誰もが思っていたのに、なぜ!?

国はただちに正確な情報把握に努め、旅行会社には地域に適した宿泊施設の調査と、
被災者を送る観光バスの手配をさせ、
一方では石油元売り会社への燃料調達を行うなど
総合的な被災者受け入れ体制を作り上げられないものなのでしょうか?
不思議でなりません。
今でも、天下り役人たちはのうのうと湯水のごとく税金の無駄使いを推し進め、
国家財政の赤字作りに貢献し続けているというのに…。

豪華な食事メニューは必要ない。
寒さをしのげ、暖かいご飯とみそ汁だけの食事だっていい。
お風呂があれば喜んでもらえましょう。
我欲にとらわれない心優しい国民性と言われる日本人。。。
何かしたいという志を持っている私たちが、
税金をそのように使う方法に、決して異議は唱えないでしょう。
最初から、予算の中に組みいれておけばよいのですから…。


庶民の為、困っている人の為に、大ナタ奮って英断を下してほしい。
政権交代して良かった! と 思わせてくださいよ、いい加減。。。(@_@;)
[PR]
by kuruann-mama | 2011-03-17 17:27

地震

この1週間、楽しい再会もあったのですが、

写真の取り込みや、叔母の退院の準備に手間取ってしまい、アップが遅れてしまううち。。。

地震が!!!

叔母の病室で・・・ゆらっ・・・ゆらゆらゆら~~~・・・グラグラグラ~~~~

部屋から廊下に出る扉を開け、

「地震よ~~~!!!」(@_@;)

引き戸の扉は、瞬時に閉まってしまいます。

病室はさすがに揺れても落ちて来るものはなく、火事や建物が倒壊しない限り安心なのでしょうが

このままでは治まらないのでは? この後、建物が崩れるのでは…といった不安が高まります。

「叔母さん、大丈夫よ!私が守るからね!」と言いつつ、胸の内はハラハラ。。。(;一_一)

でも叔母は動じる様子もなく、淡々と 「あ!平気だよー!」

震災や空襲を乗り越えてきた世代は強いのですね。

病院の介護士さん、リハビリの先生の励ましのお言葉を頂き、益々明るい表情になる叔母。

でもその後、お台場で火災が発生。

厳戒態勢になった為、面会人は帰宅するようにとの病院側の指示。

すると急に叔母は不安な表情になりました。

引きとめる叔母を説得し、トイレを済まさせ、髪を整え、ベッドに寝かせ

後ろ髪惹かれる思いで、病室を後にしました。

外に出ると同時にパトカーが目の前を通り、

「大津波が来ます! 一時も早く高台に逃げるように!」と。。。(@_@;)

そうだよね、病院にいた方がこっちは安心なのさ。。。

ブツクサ呟きながら、老骨に鞭うって走る走る =З =З =З

途中広い川に掛る大きな橋を二つ越える時は、

下に流れる穏やかな川の様子が、激流になる前の静けさにも見え、ゾ~~~っとしました。

ここで縦揺れの大地震が来たら、橋が落ちるのだろうな、あの冷たい川に飲まれるのだな、

高速道路がいつ落ちて来るのだろうか、等々最悪の事態を想像しながら走る走る=З=З

こうした自分に降りかかるかもしれない災難よりも、更に気になるのが家族の身の安全。。。

娘たちはどうしているだろう? 

大きな電気器具が所狭しと積み上げられている会社なのかしら? それらが崩れてきたのでは?

下敷きになってはいないだろうか?

悪いことばかり想像してしまいます。



不安を募らせる原因の一つに、いつもと違う光景があります。

交通機関が不通になり、地下鉄に乗れない人々が道に溢れかえっているのです。

まるで巡礼者のようにぞろぞろと、おびただしい数で行列している集団の姿は、

どことなくこの世の末…といった恐怖を感じさせます。




パパやくるあんコタはどうしているだろう。。。

こんな一大事に、肝心な携帯電話がつながりません。(T_T)

勝手な想像で、パパがピアノの下敷きになっている姿が瞼に浮かび、ハラハラドキドキ。。。

そうこうして、ようやく我が家へ。玄関のカギを開けると。。。

「あ!おかえり~」(^^♪ パパの明るい声にほっとするやらムカつくやら。。。

無事なら無事って返信してよー!!!

パパはパパで、返信したのに届いていないの?と。。。携帯って大事な時に役立たない!

娘達からも「無事だよー」とメールが届き、ほっ。。。

でも胸が一杯で食欲も無く、グッタリしてしまいました。

その後も余震が続き、地震の範囲も広がり、明け方には長野北部新潟方面にも震度6強とか!

東北地域では大きな被害を受け、災難に会われた方もたくさんいらっしゃいます。

自分の家族が無事だからといって喜んではいられません。

記録的な大地震。みんなで力を合わせて乗り越えなくては。

そして、ブログを通してお友達になってくださった皆さん、ご心配おかけしました。

お気遣いのメール、本当に嬉しかったです。 ありがとうございます<(_ _)>


c0138198_941246.jpg


くるあんは、前日トリミングに行ってきました。
c0138198_953295.jpg


帰って来てしばらくしたら、あんちゃんの右目が開かなくなっていて。。。
c0138198_96822.jpg


翌日(地震当日の朝)、また病院へ。。。
c0138198_96497.jpg

目に傷が付いていたそうです。
c0138198_99541.jpg


今朝はだいぶ良くなりました。
c0138198_974718.jpg


大地震のさなか、あんずは不安そうな様子だったそうですが、くるみは。。。

大きな揺れでテーブルから落ちてきそうなおやつを狙って、目がキラ~~~ン☆

食い意地に勝るものなし、のくるみなのでした。
c0138198_9335212.jpg


くるみとあんずの散歩道にも、地震の爪跡が。。。
c0138198_995544.jpg


今後も同等の大地震がやって来る、と言われています。
c0138198_9102187.jpg


どうしたら難を逃れられるか、難しい問題です。
c0138198_911476.jpg

[PR]
by kuruann-mama | 2011-03-12 09:40

映画観賞へ

桜の葉も紅く変わり
c0138198_23334955.jpg


刻々と深まりゆく秋を物語っています。

c0138198_23372191.jpg

そんなある日、くるあんパパママは、映画を観てきました。

桜田門外ノ変

先日、弟家族と旅した水戸・千波湖のオープンロケ地で撮影された映画です。

お話は誰でも知っている、大老・井伊直弼暗殺事件。

単純に解釈すれば、過激な政治弾圧・安政の大獄への反旗。

それを紐解いて行くと、

朝廷を政治の表舞台に担ぎ出そうとする攘夷論者(水戸・薩摩)VS現実路線(井伊)

黒船の来航、

日米修好通商条約での日本に不利な不平等条約。その向こうに見える清国のアロー戦争。

失堕した幕府の威信。。。等々。それらに関わった人々の苦悩や思惑は、

長い年月の様々な出来事が絡み合った上、蓄積されていったので、

ここから急に江戸幕府の終焉に向かっていった、という境界線はない訳です。

そうした諸々の出来事や関わりを把握していないと、

登場人物の心情や考えが解り難いことでしょう。


だいぶ以前、史実に忠実な記録を読んだことがあるのですが、とても幅広く深い内容でした。

映画の場合は2時間半位にまとめ上げる為か、長い史実を読破した印象とは異なります。


共通点といえば、純粋な人が、世のため人の為にと奮いたち、その結果命を落とす、点。

背後の人間は手を汚さず、脱藩までして改革を決行した者を、幕府に刃を向けた反逆者として

追い詰めます。。。

反逆者の汚名を着せられ、最期は斬首されるまでの彼らの道のりは、あまりにも険しい。

映画では詳しく描写されてはいませんでしたが、

追い詰められ、生きる道を閉ざされた彼らメンバーの中には

盗賊まがいの罪を犯す者もいた、と言われています。


桜田門外の変以後、わずか8年で明治政府が誕生します。

この、水戸浪士ばかりでなく

江戸城・無血開城の陰で、戊辰戦争や上野戦争始めどれほどの尊い命が犠牲になったか

決して忘れてはならないと思います。
[PR]
by kuruann-mama | 2010-11-12 23:40

嬉しいな、美味しいな♪

c0138198_12581263.jpg

爽やかに咲く花々。。。でも、

あっぢぃでつ。。。BYクル
c0138198_134732.jpg

はぁはあ。。。


朝っぱらからこの日差し!
c0138198_1362285.jpg

まいった、まいった。。。と愚痴っていたら。。。


くるあんの甲府のお友達から、頂いちゃった♪

じゃ~~~ん☆
c0138198_13104538.jpg

おいちぃよぉ~~(^・^) あま~いよぉ(^o^)丿

そして! 浪速のるる・ららちゃんちから~♪
c0138198_13132115.jpg

ブリザーブド・フラワー♪

いいねぇ! 
c0138198_1316436.jpg


えへっ。。。。
c0138198_13183083.jpg


みなしゃんも、美味しいものを召し上がって、綺麗なものを楽しんで


c0138198_13282015.jpg
元気に夏を乗り越えましょう♪
c0138198_13245630.jpg

[PR]
by kuruann-mama | 2010-08-11 13:28

カメラ

1眼レフが欲しーい!って、言ったら

そう言えば、昔、買ったよね?って思い出した。

かさばるし、重いし、ぶつけやすいし、操作に手間取るし。。。

どっかに仕舞い込んじゃたっきり。。。だっけ。。。

最近は使いやすい1眼レフがあるよ…って、教わったけど

きっと、以前買ったのと同じ運命になるに違いない…と。。。

じぃのとーちゃんにも、親切にアドバイスして頂いたのに、

なんだ、かんだと家族と議論した揚句、

c0138198_13261775.jpg


あゆのコマーシャルにグラッときて。。。(くだらない。。。)

写真の出来は、今までのに比べて、ど~かな。。。

 これ、古いカメラで撮った、牡丹園のくるあん↓

c0138198_13312277.jpg

と、藤
c0138198_13355414.jpg





で、 新しい あゆのカメラ(?)で撮ったのが↓
c0138198_13384256.jpg

c0138198_13393981.jpg

c0138198_13404065.jpg

c0138198_13412137.jpg

「ママ~♪ あまり変わらないみたいでつね。。。」
c0138198_13445429.jpg


「もちっと勉強してね」
c0138198_13453920.jpg


ハァ~イ(^o^)丿
[PR]
by kuruann-mama | 2010-05-03 13:48

ビルの谷間の江戸の顔

日本橋には、古くからの老舗があり、お店を閉じている間は
c0138198_18201951.jpg

シャッターにこんなふうな
c0138198_18342672.jpg

浮世絵が。。。
c0138198_18401042.jpg

高層ビルの谷間にひっそりと、江戸の面影が残っています。。。
c0138198_1843463.jpg

c0138198_18463539.jpg

このビルも老朽化のため、建て直されるとのことで、
c0138198_19291848.jpg

古き良きものを尊ぶカメラマンが、集まっては写真を撮っています。




昔からある和菓子屋さん。
c0138198_1935165.jpg

大きな木のそろばんを使っています。





我が家も古風な食生活です。

おやつは煮あずき。
c0138198_19425889.jpg


晩は叔母のリクエストで湯豆腐を。。。
c0138198_1944227.jpg

くるあん家の湯豆腐は、昆布のほかに、牡蠣と一塩の生ダラをたっぷり入れます。


煮物(左手前)が黒っぽいのは、お醤油というより、黒砂糖のせいかもしれません。
c0138198_19445369.jpg

奥の小鉢は、菜の花の辛子醤油和え。

もうすぐ、ひな祭りですね。。。
c0138198_19493275.jpg

[PR]
by kuruann-mama | 2010-02-23 19:52

だいぶ元気に。。。

昨年の秋から、ご心配をおかけしております、クルアンママの頸椎症。。。

ほんの僅かずつ痛みが和らいできていたのですが、ここのところとても調子が良く

痛みを意識しないでいられる時間が増えてきました。

今年に入り、暖かい日は痛みが軽く、寒くなるとぶり返す…日々だったのですが

ここ数日は寒くても、痛みが気にならないくらい元気になりました。

多くの方々にご心配いただきましたことや、優しい励ましのお言葉の数々、ありがとうございます。



さて…先日、お久しぶりにお電話をくださった、Mちゃんママさん。。。

木場公園のワン・グループを仕切っている、にぎやかな初老の奥様♪

以前は度々ワン仲間との、食事会や飲み会(必ず夜)に誘ってくださっていたのですが、

ここ1~2年、叔母の介護に忙しく、ご遠慮していました。

「なぁ~んだ。。。まだ(クルアン家の)オバちゃま、ご健在なのぉ?」(ーー;)と相変わらずのズケズケ発言。

クルアンママが頸椎を痛めていたこと、背中や腕の激しい痛みに苦しんでいたこと、などもご存じで

「私もしたわよ! それって歳よ! 同じよ、私達!」 ともうすぐ70歳の人に言われちゃった。(~_~;)爆笑

しばし、威勢のいいMちゃんママ・ワールドを堪能し、老人パワー恐ろし!と再認識しました。

「また、声かけるわよ! 家に閉じこもってちゃ駄目!ボケるわよ!」  はいはい。。。(^・^)クスッ♪

この明るさ、見習わなくちゃ。。。(*^_^*)



さて…クルアンは。。。
c0138198_14214493.jpg


ボサボサっ子のまま。。。でも元気にしています。
c0138198_142323.jpg

この↑川向うにピンクの花が咲いていますが、工事をしていて近寄れません。

多分、アンズの花かと思います。



晩御飯にフライとポテトサラダを作りました。

アボカドを入れたらクリーミー過ぎて、パンチの効かないポテトサラダになってしまいました。(-.-)失敗。。。
c0138198_14262517.jpg

[PR]
by kuruann-mama | 2010-02-21 14:33