くるみとあんずの散歩道

プレゼントの無い父の日

c0138198_1129319.jpg

舅も実父も亡くしたくるあんママにとって

父の日は思い出に浸る日であり、くるあんパパへのサービス・デーでもあります。

何かプレゼントを。。。と思っていましたが、何も欲しい物がない、というパパなので

パチンコの軍資金少々とマッサージをしてあげました。

それと夕飯はパパの大好きなお蕎麦にします(^^♪
c0138198_11304465.jpg


ママは今でこそ底なし沼のような胃袋を持つ巨大体質ですが、

子供の頃は食も身体も細く、かなり虚弱体質でした。

稀に人並みに食べればお腹を壊し、

風邪を引けば治りが悪く、微熱が続いて1ヶ月も学校を休んだり。。。

来る日も来る日も布団に横たわり、天井を見ている…そんな退屈な暮らしの中で一番の楽しみは

父が仕事から帰って来るその時でした。

無口で、ぶっきら棒で気の利かない父が、寝床で待ちわびる私を見るなり

大きな手足を左右にバタバタ動かし、ひょうきんな動きをしながら近付きます。

そしてキャーキャー喜ぶ私を抱き上げ、頭上高く持ち上げたり、くすぐったり。。。

身をよじって笑い転げる私の後ろから、響き渡る母の怒りのひと言!

「また熱が出たらどーするっ!!」<(`^´)> 慌てて布団に戻される私。

突然抜き足差し足で立ち去る父。そのおどけた後ろ姿を見ながら、布団で口を押さえて笑う私。

毎日同じことを繰り返し、毎日同じ事で笑い、毎日このひと時を楽しみにしていたのでした。

c0138198_11333676.jpg



3人の息子と1人の娘…

そのただひとりの娘なのに、美人の母に似ていない私。子供の頃はよく

「鬼がわらみたいなお父さんにそっくり!」とからかわれました。
c0138198_11363928.jpg


病弱だった私も、年と共に逞しくなり、今では使い減りのしない体質に。。。

同居のオバに、いつも言われます。

「お父さんに似て良かったね。働き者っていう…何よりの宝を貰ったね!」

私はこの、「お父さんに似て…」と言われるのを、

一番嬉しい褒め言葉と受け止めています。

c0138198_11402451.jpg


ありがとう~♪  おとうさん(*^_^*) 
[PR]
by kuruann-mama | 2011-06-19 11:53 | 思い出